世界のフォトストックの登録方法と比較!Micro photo stock image creator  beach-l |ストックフォト比較一覧

世界のフォトストックの登録方法と比較!Micro photo stock image creator  beach-l

マイクロフォトストック イメージクリエイター : ビーチエル

写真素材 エコ 節電 省エネ ライフスタイル ビジネス 女性写真 家事 生活 人物
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PR■Amazon 稼ぐ!アイテム ■楽天デジタル一眼売れ筋楽天ランキング市場 →→blogram投票ボタン

Category :  ストックフォト比較一覧
tag : 
カテゴリーが「比較一覧」になっていますけど、まだまだ時間が取れず、もうPIXTAオンリーの頃の用に、なんとなく義務感というか、成長させる一助になれば なんて無理はしないことにした。

毎日、正副含めて、十数時間は働くけど、どこに比重を置くか、パソコンが占める割合は多いので、まあ効果と成果は、どれも縁がないわけではく、効率の良さをとにかく考えます。

意味不明ですよね。

TAGSTOCK 売れないと思っていたら、フォトライブラリの枚数で1/10とはいえ、売れるんだ! ここも
と、複数のサイト用にまとめた、JPEGにタグデータの整理に費やした時間は、まあ良かったと。
ちなみに、金額ベースでは、フォトライブラリーでの半分でした。

手取り金額の話ですが、やはりできれば、国内決済のサイトで売りあげたいですね。

海外は、私なりに、品質なりに、それなりに売れ続けています。

そもそも出している、数が少ないし、金額も数も少ないのは、仕方ない
ちょこちょこメールがあります、枚数の割に、数では一番売れるのは本当だ

いつ換金になるのか、課税やらレートやらも考えると1年に1回かー
なんて、記憶にとどめるくらいかな
あそこは、撮るより、売る専門でいく  fotolia登録の方法

もうずーとログインもしていないですけど、

TAGとライブラリーもメールでお知らせが来ない(私の設定が関係あるかも・・)ので、月末に見ると結構びっくり、上の実績はその時見た物。

PIXTAが枚数金額ともまだまだ1番、ただし一般として、売れ筋は全部と言っていいほど、他のサイトでも売る設定にしたので、仕方ない。

問題は、下がった分カバーできるかですが、真面目に同数を、複数サイトにアップすれば、元の1社オンリーよりは結果が出ると思います。

400~700枚を1~2社にアップできて、まだ1ケ月ですから。
これ、コツコツと3年間 作品ごとにアップできていれば、すごく楽だったけど。

どう売れるか、ストックフォトってなんだろうと、勉強したのはPIXTAのおかげだから、他に出せているということもいえるので、ここで今、この判断で良かったと。

国内に、気になるサイトがあるので、そこに頑張って新作ぞろいで、審査に挑もうと・・

フォトラーブラリーPIXTA TAGSTOCK と新サイト あと、ごく一部ペイレスイメージも時間があれば。

コストパフォーマンスは、今は古いものを回して使っていますので、とてもいいです。

これで、撮影となると、さあ人物がもてはやされるのに、コストパフォーマンスが怪しい、こいつを避けながらも生き残りの道を考えつつ、人物の準備ということで。
たとえば、自分紹介パンフと名刺 作りかけのまま 2年目;;なので

今は、ストックフォトより,金額が一桁ちがう仕事でめいっぱいです,写真って副業だしね。
この時期にしか撮れないものを撮影して、現像は秋に なるかな。

とにかく、どれもコツコツが花開く! 前を向いていけば、運の花が咲く・・・ って宝くじのCMか 笑

PS HDDに5万枚 TAGSTOCKはアップした元データがわかる!
これ助かる! ディスクの中をフォルダー細分した上に、RAWとTIFF JPEGも同じ作品で フォルダーが違う
いやそもそも、リスクを避けるためシリンダーが違う ファイル名さえわかれば、新しく買った高速PCは一瞬で探してくれる!

なぜなら、TIFF納品のところもあるし。。
再アップなら、劣化のない原本から調整しなおしたいから  長い割に中身のない文章・・・




PR■Amazon 稼ぐ!アイテム ■楽天デジタル一眼売れ筋楽天ランキング市場 →→blogram投票ボタン

スポンサーサイト
Category :  ストックフォト比較一覧
tag : 
世界のフォトスック比較 フォトライブラリー 【独占・一括アップ・キーワード・etc】

photolibraly --------------------------------------------

【作品の販売の独占販売】

アカウント丸ごとでの、決定をしなければならない。
画像一枚単位での判別ではありません

フォトライブラリー以外のストックフォトサイトでの販売有無

:有は販売手数料が50%
:無しは販売手数料が60%

 (個人サイト、blog等で使用は含まれない 一般的にこれに同じ)

【一括アップロードは出来るか】

出来ない、1作品アップするごとに、キーワード(10個まで)を登録して、審査待ち。

アップ出来るタイミングは混んでいて、いつできるか、解らない。
連続でアップ出来ない事が多く、気長に続けるしかない。

もっとも、手間がかかり、最も審査が長い(PIXTAも遅いが)報酬も高く、アップしながら結果も付いてくるのもここ。


【販売サイズ指定 価格指定】

最低サイズ指定はないが、価格は作品別に自由に決められる。

【その他】

ファイル名の形式が、数字記号しか使えないので、デフォルトで記号を使っている場合には、ここだけ変更が必要。

ただ、うっかり記号付きでアップした時、エラーにならなかった?

審査に通過すると、キーワードの数が、文字数総量規制に変るので、その時、キーワードを増やすのも、コツかも。
売れ筋や検索の多いキーワードの情報がいつでも見られる、自身の作品への費別アクセスも見られる。

日々、流動的に作品を管理することができる。

【作品の管理】

カテゴリホルダーなどがないようで、表題の検索やメモへの記号入力(これは現在禁止かも)などで、自分の作品を寄せ集めて管理する。
作品の多い方の管理は難しいような感想。タグと価格が後から変えられるだけに、管理画面の改善が期待される。


写真素材-フォトライブラリー

写真素材-フォトライブラリー



比較記事メニュー

PIXTA編
フォトライブラリー編

詳細はサイトで御調べ下さい。
別のブログで体験談「フォトライブラリー」編の記事も書いています




PR■Amazon 稼ぐ!アイテム ■楽天デジタル一眼売れ筋楽天ランキング市場 →→blogram投票ボタン

Category :  ストックフォト比較一覧
tag : 
世界のフォトスック比較 PIXTA 【独占・一括アップ・キーワード・etc】

PIXTA-----------------------------登録の方法記事---

【作品の販売の独占販売】

(そのストックにアカウント一括なのか、作品ご別に選べるか)

「人物専属」「専属」は、作家の作る作品はとにかく、全てPIXTAに全て拘束される。

一定の実績と審査で「専属」契約可能。 一定量の作品作りを約束することになると思われる。

契約の拘束期間は短くなく、その間、世界にまだ少ない日本人モデルを拘束なしに、出稿しているカメラマンが有利になるか、専属で好条件で早いモデル費用等を回収するか、選択が難しいよころ。

但し、後に世界にPIXTAが、世界に打って出る計画があれば、かなり話は違ってくるので、見極めは難しい。

しかし、プロモデルまで使って撮れるカメラマンは鮮度を見ながら、独占・非独占を作品ごとに選べる、海外サイトを含めた、戦略が正しそう。


専属以外は、一般クリエイター(PIXTAでの呼び方)で、独占と非独占を、作品毎に選べる。

作品マネージャーにて、作品個別で独占か非独占が選べる、一括での処理も可能。
どちらにするかによって、検索結果表示される順位などに、影響があるかもしれない。(独占度が強いほど前に出る)


【一括アップロードは出来るか】

販売実績に応じた、制限枚数内であるけれども、まず画像のみアップ(最大20枚までの一括もあり)できる。

キーワード(タグ付けなどは、少しずつ後からでも出来る)

【販売サイズ指定 価格指定】

最少サイズは指定できる(作品ごとに)価格は、自分で決められない最低販売サイズを上げるしかない。


【その他】

「タグ」付けに関して頻繁な改定があり、これはTAGSTOCKがしている、おそらく世界の言語への変換翻訳への、前準備と見るかどうかで、世界進出への意図がどうなのか筆者は関心を寄せている。

とてつもない、数をアップしているクリエイターも多く、しかしながら、システム変更により、順調な売り上げアップが、突然半減するなど、ネット上の書き込みでも、対費用効果の長期見通しが解らない。
専属でない場合には、他のストックに荷重をおけばいいことなのだが。



どこも、独占販売に手厚い順位を用意するのは当たり前なので、そこの見極めも必要。
海外サイトは、アカウントや作品の持つポイントランクのようなもの、プラス新作は一定期間上位表示を経て、人気度で順位を自動的に上下させて、検索クローラーがやっているようなロジックで表示をしているようだ。

また、無料作品 クリエイター紹介などで、順次集客への、プログラムを行っている。

システム変更の多さも、急激な成長を物語っているからこそでもあるので。その都度慣れるしかないか。


【作品の管理】

作品マネージャーにて行う、これは素晴らしい高機能で、作品のカテゴリー サブカテゴリー 作品検索機能 ブログへの貼り付けを許すかどうかなど、見やすい大きな画面で好感が持てる。
システム変更が多い分、誤動作も多いが。



PIXTA

写真素材 PIXTA


比較記事メニュー

PIXTA編
フォトライブラリー編





PR■Amazon 稼ぐ!アイテム ■楽天デジタル一眼売れ筋楽天ランキング市場 →→blogram投票ボタン

無料ホームページFC2WEB 無料ブログFC2BLOG メタボ対策エアロバイク室内運動器具セコムの防災用品セット&非常食楽天銀行
ロリポップ!ならWordpress・MovableTypeの簡単インストール付!あなたも月々105円~でブログデビューしちゃおう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。